よくあるご質問

「LogVillage timeKeeper」の運用について、よくあるご質問をまとめました。

エージェント インストール・運用関連

パソコンのシステム時刻がずれていても問題ないですか?

パソコンのシステム時刻は正確な時刻となるように調整する必要があります。

LogVillage タイムキーパーでは、パソコンのシステム時刻で打刻しています。
インターネットに接続できない環境でもパソコンの利用状況を記録し、インターネットへの再接続時に遡ってパソコンの利用ログを管理サーバにアップロードする仕組みとなっています。
そのため、パソコンの利用ログを管理サーバにアップロードするタイミングが必ずしもリアルタイムではないためです。

パソコンのシステム時刻は、お客様環境で指定がなければ「NTPサーバ」でのインターネット時刻同期を推奨しております。

■WindowsでのNTPサーバでの時刻同期の手順は以下の通りです。
①コントロールパネル→[日付と時刻]を開く
②[インターネット時刻]タブを選択し、[設定の変更]をクリック
③サーバに ntp.nict.jp を入力し、[今すぐ」更新]をクリック
 ※「ntp.nict.jpと同期しています。お待ちください。」と表示され、「時計はxxxx/xx/xx xx:xx に同期しました。」と表示されれば完了です。
④[OK]をクリック

■macOSでのNTPサーバでの時刻同期の手順は以下の通りです。
①システム環境設定を開く
②右下の「日付と時刻」をクリック
③「日付と時刻を自動的に設定」にチェックを入れ、その右のテキストボックスに ntp.nict.jp を入力

パソコンにエージェントをインストールしたが管理対象PC 画面で確認できない

以下の可能性が考えられます。
1) エージェントのインストールが正常に行われていない。
2) 当該パソコンからLogVillage タイムキーパーの管理サーバにアクセスできない。

1)の対処法
以下の手順でエージェントをアンインストール後、再インストールをお試しください。
①コントロールパネル→プログラムと機能 を開く
②”LV timeKeeper Agent”を右クリックし[アンインストール]を選択
③再度エージェントのインストールを実施

2)の対処法
ブラウザから以下のURLへのアクセスが行えるかをご確認ください。
https://www.timekeeper.jp/tk/personal/login
※ログインページが表示されれば問題なくLogVillage タイムキーパーの管理サーバにアクセスできています。

新規パソコンには最新のエージェントをインストールする必要がありますか?

可能な限り、最新のエージェントをインストールしてください。
最新のエージェントは、システム設定→ご契約内容 画面からダウンロードできます。

但し、最新でない場合でも、インストール後に最新バージョンへの自動バージョンアップが行われます。

エージェントが自動バージョンアップされていないパソコンへの対応方法はありますか?

システム設定→ご契約内容 画面から最新のエージェントをダウンロードし、手動でインストールを行ってください。
インストール手順は「管理対象パソコン用タイムキーパーエージェントの準備」、「タイムキーパーエージェントのインストール手順」と同じです。
※タイムキーパーエージェントがインストールされているパソコンでは、バージョンアップが行われます。

パソコン起動時に「接続できません」というメッセージが表示されるのは何故ですか?

タイムキーパー エージェントが管理サーバへの接続に失敗した場合に表示されます。
パソコン起動時では、タイムキーパー エージェントが起動されるタイミングにより管理サーバへの接続確認に失敗する場合があります。
パソコン操作開始後に再表示されなければ問題ありません。

また、同メッセージは以下の設定により非表示にすることも可能です。
①システム設定→基本設定 画面を開く
②画面下部の「エージェント動作設定」で、「ネットワーク接続なしのポップアップ」を”非表示”に設定

ログ(パソコン利用時間)表示関連

社員マスターに登録したがログが確認できない

社員マスターに登録した「使用パソコン→アカウント名」と、パソコンにログイン中のアカウント名が同一かをご確認ください。
社員マスターの情報列に「!マーク」が表示されている場合、社員マスターに登録したアカウント名とパソコンにログイン中にアカウント名が異なっている状態となります。

何か月前までの勤怠ログを表示できますか?

6か月前までの勤怠ログを表示することができます。
必要に応じて、勤怠ログをダウンロード(CSVファイル形式)して保管ください。

時間外利用で表示される時間の計算根拠を教えて欲しい

基本設定で設定されている「標準就業時間」の範囲外でパソコンが利用されていた時間となります。
標準就業時間は、グループ毎に設定することが可能なため、各々のグループに設定された「標準就業時間」を元に計算されます。

マイページで前月の勤怠ログを参照できない

マイページでは、当月の勤怠ログのみ参照、手動打刻が可能となっています。

自動シャットダウン関連

当日のシャットダウンは何時まで有効となりますか?

基本設定の「1日の開始時刻」まで有効となります。
例えば以下の設定の場合、当日の18時にシャットダウンが行われ翌日の5時までの間は当該パソコンにログインを行っても強制シャットダウンが行われます。
・1日の開始時刻:5:00
・シャットダウン時刻:18:00

シャットダウンが有効中に急用でパソコンを使用することはできますか?

基本設定でシャットダウン時刻を変更後に、パソコンを起動することができます。

その他

契約したパソコン台数を超過した場合はどうなりますか?

社員マスターに登録されているパソコン台数が契約台数にカウントされます。
複数の社員で共有するパソコンの場合、同一パソコンを複数の社員に登録した場合のカウントは1台となります。
社員マスターには、契約台数のパソコンのみ登録可能であり、契約台数を超過した場合は超過分のパソコンでの社員マスター登録が行えなくなります。
但し、タイムキーパー エージェントのインストールを可能であり、管理対象PC 画面には表示され、契約台を追加後に社員マスター登録が行えます。

管理者アカウントは追加することができますか?

システム設定→ユーザー管理 画面より管理者アカウントを追加することができます。
追加方法の詳細は、LogVillage timeKeeper の始め方の「6.ユーザー管理」をご参照ください。