LogVillage timeKeeperは事業継続緊急対策(テレワーク)助成金の対象経費になります。

LogVillage timeKeeperは、「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」の対象経費となります。

助成対象となる経費は、LogVillage timeKeeperご利用の際の初期費用および3ヶ月分のサービスご利用料金です。
同助成金の対象者は、東京都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等となるようです。

テレワークを導入または予定されている企業様にて、リモートワーカーの労働時間管理を容易に実現可能なLogVillage timeKeeperのご導入検討の際の参考にしていただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です